Blog

【mixhost編】ドメイン追加、変更時のGoogle search console設定手順

11月 3, 2020

    [chat face="question_head_boy.png" name="悩んでいる人" align="left" border="gray" bg="none" style="maru"]
    Google search consoleのドメイン追加設定ってどうやってできるの?
    Google search consoleの所有者確認ってどうやるの?
    DNS設定?TXTコード?意味わかんない、、、泣[/chat]

    こんな悩みを解決していきます。

    ドメインを追加もしくは変更した場合、各種サービスの設定ドメインを追加しないといけませんが、
    今回はその中でもgoogle search consoleでのドメイン設定の方法を解説していきます。

    私も実際にドメインを変更しましたが、google search consoleの設定方法は他のサービスと比べて設定に少し厄介でした。

    mixhostユーザーに向けたそれらの解決記事が見当たらなかったからです。
    他のサーバーならあるのに、、、

    ということでmixhostユーザーに向けたドメイン追加、変更時のgoogle search console設定手順を画像使いながら分かりやすく説明していきます。

    ※mixhostを使っている方向けの記事なので、他のサーバーを使用されている方は他の記事をご参照ください。

    Google search consoleドメイン設定手順~mixhost編~

    Google search consoleを開く

    まずはGoogle search consoleを開いてください。

    左上の「プロパティを追加」をクリック

    追加したいドメインを入力 ( 【https://】 は省略します )

    この画面になったら
    TXTレコードをコピーし、このページはそのままにしておいてください。
    (後ほど使います。)

    ちなみにこのまま「確認」をクリックしても以下のように表示され、所有権を証明できません。

    所有権を証明するためには、サーバー側のDNS設定をいじらなければいけません。

    以下でその方法を説明します。

    DNS設定でTXTコードの追加

    新しいタブでmixhostからcPanelにログインします。

    cPanel内のDNSと表示のあるアイコン「Zone Editor」をクリック

    設定したいドメインの「管理」をクリック

    「レコードの追加」をクリック

    それぞれの欄を入力していきます。

    名前:設定したいドメインのURL
    TTL:600のままでOK
    種類:TXTを選択
    レコード:先ほどのTXTレコードを入力

    入力が完了したら、「レコードの追加」をクリック

    Google search consoleのページへ

    ドメイン所有権の確認完了

    「確認」をクリック

    この画面が表示されたら登録完了です。

    まとめ

    ドメイン設定はスムーズにできましたでしょうか?
    分かりにくいところがあったかもしれませんが、少しでも参考になれば幸いです。

    サーチコンソールは自分の書いた記事の分析するうえで必須ツールです。

    サーチコンソールを上手に活用しSEO対策をしていきましょう!



-Blog

© 2021 Ohtoki-blog Powered by AFFINGER5